交通事故で慰謝料を請求するタイミングと慰謝料が振り込まれるタイミング

交通事故が発生した場合、被害者は過失の程度や事故の状況によって加害者に対し慰謝料を請求することができます。ただし慰謝料はこちらが提示した金額をそのままもらえるわけではなく、加害者側と示談交渉をし、双方が同意をした金額が支払われることとなります。

示談交渉はやり直しがきかないので、希望通りの金額を受け取るためには話し合いを始めるタイミングがとても重要になります。

示談交渉の開始時期は特に定められていない

交通事故の過失割合など、事故に関することは法律で細かく規定されていますが、被害者と加害者間の示談交渉に関しては特に法律で定められていることはありません。法律上では事故が発生した直後から示談交渉をすることが可能と定められているため、必要であれば交通事故を起こした現場で加害者に対して示談交渉をすることも可能です。

しかし事故発生直後は自分がどのような負傷をしているのか判断できません。交通事故では事故直後は特に何の症状も出なかったのに事故後しばらくしてから身体に何らかの異変が見られるというのはよくあるケースです。

また事故直後は現場検証も終了していない状態なので加害者と被害者にそれぞれどの程度の過失があるか、事故の大きさはどの程度なのかに関しても分かりません。

従って交通事故直後に示談交渉するのはあまり適切とはいえないと判断できます。

物損事故の場合の示談交渉のタイミング

交通事故によってお互い特に主だった負傷もしておらず、自動車などが故障しただけの物損事故の場合は比較的早いタイミングで示談交渉をすることができます。事故が発生し、事情聴取が終わればすぐに病院に向かう事となりますが、精密検査をしてお互い特にケガがないことが分かれば過失割合が確定した時点で双方の車の修理代の見積もりを取ってもらい、どちらがどれだけお金を支払うのかを示談交渉によって決めれば良いでしょう。

障害事故の場合の示談交渉のタイミング

交通事故によって加害者あるいは被害者がケガを負った場合はすぐに示談交渉をすることができません。交通事故によって加害者が被害者にけがを負わせてしまった場合は病院での治療費を支払わなければいけません。その他にもケガによって仕事を休まざるを得なくなった場合は休業損害も支払わなければいけないですし、大きな事故によって被害者に何らかの障害が残った場合は後遺障害の等級によって障害に対する慰謝料を支払う必要があります。

更に障害によって今までのような仕事が出来なくなった場合は逸失利益というお金も支払わなければいけません。病院の治療費がいくらになるのかに関しては通院が終了しなければ確定しません。後遺障害や逸失利益についても同様ですし、休業損害も病院へ通って職場に復帰できるのがいつなのかは治療が終了しなければ金額が確定しません。

従って障害事故になった場合は被害者と加害者双方のケガの治療が終了してから示談交渉に入るようにしてください。後遺障害が残った場合は、治療中でも医師から症状固定と判断されたタイミングで後遺障害の申請をしておきましょう、保険会社によっては後遺障害の認定をする前に示談交渉を始めようとしてくるところがありますが、障害が残っている場合は後遺障害の結果が出るまでは示談交渉をおこなってはいけません。

死亡事故になった場合の示談交渉のタイミング

交通事故によって不幸にも死亡事故となった場合、死亡したことが確定した時点でどれくらいの損失になるかは確定されているので早ければ交通事故が発生し、被害者が死亡したことが確定した時点で示談交渉をはじめることが可能です。

しかし大事な家族を突然失ってしまった遺族は悲しみや喪失感で一杯になっています。そして加害者側も事故を起こそうとして起こしている人は居ませんから自分が死亡事故を引き起こしてしまったというショックで冷静な判断が出来ないでしょう。

死亡事故となった場合の示談交渉のタイミングとしては49日が過ぎてからが最も適切だと言われています。49日が終われば葬儀に関しては一段落しますし、遺族の人も落ち着いた気持ちで示談交渉できるでしょう。ちなみに葬儀の際に支払った費用に関しても被害者請求をすることが可能なので忘れずに請求しておきましょう。

もう1つ悪質な死亡事故の場合は加害者の刑事裁判が終了してからが示談交渉の良いタイミングです。理由として、刑事裁判を起こす前に示談交渉をし、示談が成立すると加害者側の罪が軽くなることもあるからです。加害者側に対してあまり重い罰を望まないのであれば先に示談交渉をしてもかまいませんが、罪をしっかりと償ってほしいと考えているならば先に刑事裁判を受けさせ、それが終わってから示談交渉をしましょう。

交通事故の慰謝料が支払われるタイミング

交通事故に遭遇し、ケガを負ってしまうと場合によっては数カ月以上通院することになります。通院するたびに治療費を支払わなければいけないのですが、慰謝料で治療費も支払ってもらえるとはいえ、すぐに慰謝料が入ってくるわけではないので実際の治療中には被害者が自分で支払う事となります。

交通事故の慰謝料はいつ振り込まれるのかというと、少なくとも示談交渉が終了し、慰謝料が確定しなければお金が振り込まれることはありません。先ほど解説したように、障害事故が発生した際の示談交渉は治療が終了した時点で始まることとなるので、少なくとも事故が発生してから示談が成立し、慰謝料が振り込まれるまでには数か月必要だとされています。

ケガの程度が深刻なものだと治療がなかなか終わらないため交通事故に遭遇してから示談金が振り込まれるまで1年以上かかったという事例も少なくありません。裁判の場合はまず示談交渉をし、それが決裂してから裁判によって争うというプロセスを踏むため、更に慰謝料が振り込まれるまでの期間が長くなります。

交通事故によって裁判を起こしたケースの場合、事故発生からお金が振り込まれるまでの期間は平均で12カ月だと言われています。つまり事故が発生してから1年以上経過してようやく示談金が振り込まれることがほとんどです。

ちなみに慰謝料は原則一括払いと定められています。被害者と加害者双方の同意があれば分割払いでも可能ですが、分割払いにするといつの間にかお金が振り込まれていなかったりすることもあるので、交通事故の慰謝料に関しては被害者側が分割で支払うことを提示してきても一括で払うよう伝えましょう。